メガネのメリット

メガネには様々なメリットがあります。用途に合わせて上手く使用すれば、さらなる効果も発揮するのです。ここではメガネのメリットについてご紹介します。すでにメガネを使用している方も、参考にして今後役立ててください。

目の疾病があっても掛けられる

見た目の雰囲気を変えずに視力矯正をする場合にはコンタクトレンズを利用することになりますが、ただコンタクトレンズを使う際の注意点として疾病があるとつけられないことです。コンタクトレンズは眼球に直接装…

長く使用できる

メガネのメリットは、一度購入すると長く使い続けられることがあげられます。メガネの度数が合わなくなった時やレンズに不具合が生じた時に買い替える人が多く、平均使用年数は3年から5年です。問題がなければ…

手入れの負担が少ない

視力矯正のためにメガネかコンタクトレンズかどちらにしようか悩んでいる人は少なくありません。メガネの最大のメリットというと、お手入れの負担が少ない点が挙げられます。そもそもメガネが汚れた場合、専用の…

メガネのデメリット

長時間楽に掛けられて頑丈なメガネですが、メリットばかりではありません。使い方を間違えると、思わぬトラブルが生まれるリスクもあります。ここではメガネのデメリットについて説明します。デメリットを理解した上で、メガネを扱いましょう。

熱に弱く、変形する恐れがある

メガネの意外なデメリットとして、熱に弱いという点が挙げられます。眼鏡店で購入することができる商品の多くは、レンズがプラスチックでできています。実は、プラスチックレンズは耐熱温度が60度前後となって…

湯気などで曇りやすい

メガネを使用するデメリットの一つは、レンズが曇りやすいことです。これは「結露」と呼ばれる現象で、温度差が大きいと発生しやすくなります。例えば、サウナ室の中に入るときや外に出るときは、その瞬間にメガ…

鼻や耳が痛くなることがある

鼻当てやテンプルにより痛みがでることも

メガネは視力を矯正するために利用できる便利なアイテムですが、鼻や耳が痛くなる可能性があるというデメリットが存在しています。そのため、初めて利用する方は鼻当てとテンプルをしっかりと調節してもらいましょう。メガネ屋にはフィッティングサービスがあり、痛くならないように鼻当てやテンプルの形を変えてくれます。ただし、形を変えるためには技術力がいるため、できることなら認定眼鏡士が勤めているメガネ屋を活用しましょう。認定眼鏡士ならフィッティングに関する技術と知識をしっかりと学んでいるため、顔にピッタリの形に仕上げてくれます。『認定眼鏡士がいるお店』として宣伝しているメガネ屋も多いので、痛くなることを避けたいなら探してみましょう。

対策グッズを活用しよう

フィッティングサービスで完璧な形を作ってもらったとしても、体質で痛くなってしまう可能性は残っています。もしも、痛みが出るようなら対策グッズの活用を考えてみましょう。まず、鼻当てですが、プラスチックではなくシリコンで作られているものが売られています。柔らかいシリコン製の鼻当てに変更すれば、痛みを起こす可能性をグッと下げられます。そして、テンプルが痛い場合も、全体を柔らかい素材で覆うグッズが販売されているので使ってみましょう。なお、どちらを使うとしても、装着したときはフィッティングサービスをやってもらうことをおすすめします。グッズを使ったことにより微妙なズレができてしまうので、専門家に改めて調節をしてもらいましょう。